世界卓球2017【男子ダブルス優勝予想】展望・期待する選手




世界卓球2017【男子ダブルス優勝予想】展望・期待する選手

世界ランキング017

目次

馬龍(マー・ロン・中国)/ティモ・ボル(ドイツ)ペアに期待!優勝はあるか

2017年5月29日からドイツのデュッセルドルフで開催される世界卓球2017
世界卓球は団体戦と個人戦が1年おきに行われ、今年は個人戦です。

個人戦のため、ダブルスは他国の選手とペアを組んだりします。

今大会は、世界ランキング1位の中国の馬龍選手と地元ドイツの世界ランキング8位のレジェンドのティモ・ボル選手がペアを組みます。

男子ダブルス 決勝 大島祐哉/森薗政崇 1 vs 4 樊振東/許キ ライブ生放送

 

世界卓球 [ad#co-1]

世界卓球2017 男子ダブルス1回戦 大島祐哉/森薗政崇 ハイライト動画

世界卓球2017 男子ダブルス3回戦 大島祐哉/森薗政崇 ハイライト動画

世界卓球2017 男子ダブルス準々決勝 森薗 /大島 vs 陳建安/廖振珽 ハイライト動画

世界卓球2017 男子ダブルス準決勝 森薗 /大島 vs鄭栄植安/李相秀・韓国  フル動画

[ad#co-1]

男子ダブルス 3回戦 丹羽孝希/吉村真晴 ハイライト動画

男子ダブルス 準決勝 吉村真晴/丹羽孝希vs樊振東/許キ ハイライト動画

 

世界卓球2017 男子ダブルス1回戦 吉村真晴/丹羽孝希 ハイライト動画

 

世界卓球2017【男子ダブルス優勝予想】展望・期待する選手

馬龍選手とティモ・ボル選手は2013年の中国オープンでペアを組み、優勝の経験があり、2015年の蘇州大会でもペアを組んでいます。決勝は中国ドイツペア vs 中国ドイツペアという皮肉な結果になりました。

馬龍選手とティモ・ボル選手のように国の垣根をペアを組む国際ペアは、それぞれの協会で「1ペアの出場」とカウントされます。

双方でダブルスに出場する選手がひとり減ってしまうのですが、それぞれの国のエース同士がペアを組むことにより、大会が面白くなります。

さらに、決勝まで進むことができれば、ライバル国である中国とドイツのファンも二人を応援するわけですから盛り上がります。

2013 中国オープン 決勝 馬龍/ティモ・ボル vs 閻安(中国)/ドミトリ・オフチャロフ(ドイツ)動画

国際ペアはほかにもフレイタス(ポルトガル)/ガチーナ(クロアチア)ペア、フェガール(オーストリア)/J.モンテイロ(ポルトガル)、フランチスカ/グロート(ドイツ)などがエントリーしています。

世界卓球ならではの国際ペアの活躍に期待したいですね。

[ad#co-1]




世界卓球2017【男子ダブルス優勝予想】展望・期待する選手

日本からは大島祐哉/森薗政崇ペアと吉村真晴/丹羽孝希ペアがエントリーしています。

2013年のパリ大会で岸川聖也/水谷隼ペアが、
2015年の蘇州大会では松平健太/丹羽孝希が銅メダルを獲得しています。

大島祐哉/森薗政崇ペアは2月に行われたワールドツアー・インドオープンで優勝、
吉村真晴/丹羽孝希ペアはアジア選手権で銅メダルに輝いています。
両ペアともにこの勢いで前大会を上回る成績を残してほしいですね。

2017 ワールドツアー・インドop 決勝 大島祐哉/森薗政崇 vs Ruwen Filus/Ricardo Walther ドイツ 動画ハイライト

 

2017 アジア選手権 準々決勝 吉村真晴/丹羽孝希 vs 陳 建安/ LIAO Cheng-Ting 台湾 動画




世界卓球2017【男子ダブルス優勝予想】展望・期待する選手

優勝候補はやはり中国の許シン(シュー・シン)/樊振東(ファン・ジェンドン)ペア

樊振東(ファン・ジェンドン)は吉村/丹羽ペアが銅メダルを獲得したアジア大会で林高遠選手とペアを組み優勝しています。
ペアの相手が世界ランキング3位の許シン(シュー・シン)に代わり、さらに強力なペアとなります。
このペアを破るのはかなり難しいと思われます。

日本のライバルは中国だけではありません。
韓国の鄭栄植/李尚洙ペア、香港の何鈞傑/黄鎮廷ペア陳建安/廖振珽などワールドツアーで常に上位へ進出し、日本ペアと対戦するこもとしばしば。

中国ペアと対戦する前に日本の立ちはだかるライバルになりそうです。

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です