水谷隼。卓球ジャパンオープン2017は修羅場




水谷隼。卓球ジャパンオープン2017は修羅場

水谷隼

ジャパンOP 準決勝 水谷隼 VS 樊振東 公式ライブ放送▶

試合開始 6月18 12時15

過去の対戦成績 水谷隼 0勝 VS 0勝 樊振東

[ad#co-1]

ジャパンOP 準々決勝 水谷隼 VS 李尚洙・韓国 フル動画

過去の対戦成績 水谷隼 3勝 VS 0勝 李尚洙 

ジャパンOP 2回戦 水谷隼 VS カールソン スウェーデン

過去の対戦成績 初対戦になります

サウスポー対戦

カールソン 25歳 スウェーデン

世界ランキング17位

ジャパンOP1回戦 水谷隼 VS シュテガー・ドイツ ハイライト動画

 

過去の対戦成績

水谷隼 5勝 VS 3勝 シュテガー

2016年 リオオリンピック団体 3-0で水谷隼の勝利

シュテガー ドイツ 35歳

世界ランキング 18位

右 シェークハンド

戦型 オールラウンド型

 

水谷隼

静岡出身1989年6月9日生 27歳
身長172センチ

世界ランキング 6位
利き腕 左グリップ シェークハンド戦型 オールラウンド型




水谷隼。卓球ジャパンオープン2017は修羅場

世界卓球 ドイツでのこと。
世界卓球の2回戦で最年少で日本代表に選出された張本智和選手と対戦し敗退した水谷隼選手。

試合後は、素直に張本智和選手を称賛し、「終始圧倒され良いとこなく敗戦」とコメントしています。

また、自分の試合が終わってしまっても、チームメイトの応援をしている水谷隼選手の姿を見ると心が痛みました。

まさか、2回戦で日本人選手同士の対決があって、水谷隼選手が負けるなんて誰が予想したでしょうか。

ただ、水谷隼選手自身は「負けるかもしれない」という気持ちがどこかにあったのかもしれません。

試合前日のツイッターで「今日もきっと緊張して寝れないんだろうな…だって明日は張本だ」とつぶやいています。やりにくいと思っていたのでしょう。

逆に張本智和選手は失うものはないわけですから、捨て身で自分の卓球をすることができます。

試合が始まる前から勝負は決まっていたのかもしれません。

卓球ではランク上位の選手が、捨て身で攻めてくるランク下位の選手に足元をすくわれることは少なくありません。

女子代表の平野美宇選手もアジア選手権で、中国のトップ選手を破って優勝しました。

アジア選手権の準々決勝で平野選手に敗れた丁寧選手は、準決勝で平野選手に対し、闘志むき出しでプレーしてきました。

水谷隼選手は張本智和選手との試合後に「彼のためにも自分がさらに強くならないとね」とツイートしています。

丁寧選手のように、この敗戦が水谷隼選手を成長されてくれるものになるのではないかと思っています。

[ad#co-1]




水谷隼。卓球ジャパンオープン2017は修羅場

ジャパンオープンに期待するもの
水谷隼選手は敗戦後の初の試合となるジャパンオープンですが、他の選手に比べ、世界選手権で試合数が少ないため体の疲労感は少ないかもしれません。

自国の利もありますから、上位まで勝ち上がることは可能だと思います。

ただ、世界卓球はよいコンディションではなかったようなので、どれくらい回復しているのかが鍵になります。
スポーツ選手というのは常にけがと付き合いながら競技を続けています。

いつもベストコンディションで試合に臨めるわけではないですから、悪いなりにベストのプレーをしてほしいとおもいます。

張本智和選手はジャパンオープンは世界卓球2017に続いてノーシードでドローされます。早く張本智和選手と再び対戦することになるかもしれません。そうしたら水谷隼選手は張本智和選手には勝利しないといけません。

なにしろ水谷隼選手は世界ランキング6位の選手ですから。張本智和選手はまだまだ世界ランキング39位です。

女子の石川佳純選手が1月の全日本選手権にて平野美宇選手に敗戦しても、4月の韓国オープンでアジア女子王者となった平野美宇選手にはストレートで勝利しているのです。

水谷隼選手にはジャパンオープンは修羅場ですね。張本智和選手にリベンジし、日本のエースとして地元の利で中国選手にも勝って再び存在感を知らしめる。

水谷隼選手にとっての絶好の機会がジャパンオープンです。燃えていることでしょう。

[ad#co-1]

水谷隼。卓球ジャパンオープン2017は修羅場

応援メッセージ

張本智和選手ら、10代の選手の台頭があるとはいえ、やはり、日本卓球界を引っ張るのはこれからも水谷隼選手だと思います。

世界卓球前もテレビ番組で大会をPRするために出演していました。

スポーツ選手が大きな大会前に、テレビ出演することはコンディション的にどうなんだろうと心配だったのですが、世界卓球では最悪の結果になってしまいました。

ファンとしてはとても残念でしたが、水谷隼選手としては日本卓球界の顔としての役目も担っているため必要なことだったのだと思います。

ただ、今回の世界卓球で日本はメダルラッシュとなり、卓球人気も高まりました。

今後は水谷隼選手も、自分の調整時間を割いて、テレビ番組に出演することなく、競技に専念できるよう願っています。

男子シングルス 主なエントリー・シード上位10傑

ランキング
1位 馬龍 マー・ロン 中国
2位 樊振東 ファン・ジェンドン 中国
3位 許キン キョ・キン 中国
6位 水谷隼 日本
7位 黃鎮廷 香港
8位 ボル ドイツ
9位 丹羽孝希 日本
10位 荘 智淵 チュワン・チー・ユエン 中国
11位 方 博 ファン・ボ 中国
14位 フレイタス ポルトガル
39位 張本智和 日本




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です