世界卓球2017【王者・馬龍を破る選手は?】男子シングルス




世界卓球2017【王者・馬龍を破る選手は?】男子シングルス

世界卓球 2017


2017年5月29日からドイツのデュッセルドルフで開催される世界卓球2017
5月2日に、優勝を予想する上で重要なファクターとなる最新の世界ランキングが世界卓球連盟から発表されました。ここでは、男子シングルスの優勝を予想します。

世界卓球 4回戦 馬龍vs荘智淵・台湾 フル動画

世界卓球 準々決勝 馬龍vsボル・ドイツ フル動画

世界卓球 準決勝 馬龍vs許キン フル動画

世界卓球 決勝 馬龍vs樊振東 フル動画

[ad#co-1]

世界卓球2017【王者・馬龍を破る選手は?】男子シングルス

注目すべきは、ドイツのベテランのティモ・ボル選手です。韓国オープンで7年ぶりにワールドツアーを制し、11位から8位とトップ10に返り咲きました。

地元ドイツで行われる世界卓球に向けて調子が上がっており、地元の利もありますから、優勝候補の一人といっていいでしょう。
同じドイツチームのオフチャロフ選手も6位から5位にランクを上げており、優勝の可能性があります。
もちろん、日本選手も打倒・中国を掲げて、優勝を狙っています。

2017 韓国 Op 決勝 ティム・ボル(ドイツ) vs Patrick Franziska(ドイツ)
[ad#co-1]

 

 




世界卓球2017【王者・馬龍を破る選手は?】男子シングルス

世界卓球の前哨戦ともいうべきアジア選手権で世界ランク3位の許シンを破った丹羽孝希選手に期待しています。
最新世界ランキングも11位になり2ランクアップしました。

2017 アジア選手権 丹羽孝希 VS 世界3位:許シン(中国)動画

女子シングルスの平野美宇選手がアジア選手権で中国のトップ選手を3連続で破り優勝を果たしており、日本選手にとって中国は越えられない壁ではなくなってきました。
水谷隼選手を超え、丹羽選手が日本のエースになる日が来るかもしれません。

また、世界ジュニアチャンピオンの張本智和選手が男子シングルスに初選出されてました。
張本選手は両親が中国出身の卓球選手という卓球のサラブレッド、得点を挙げたときの掛け声「チョレイ」が話題になりましたね。
ワールドツアー・韓国オープンでは男子シングルス予選トーナメント・2回戦から登場。地元韓国の選手相手に逆転負けを喫してしまいましたが、よい経験のなったのではないでしょうか。

張本選手はシニアでも十分上位で戦える実力を持っています。世界卓球でも台風の目になるでしょう。




世界卓球2017【王者・馬龍を破る選手は?】男子シングルス

日本のエース水谷選手もリオ五輪銅メダリストとして、更によい色のメダルを狙っています。

王者、中国からはランキング1位の馬龍(マー・ロン)をはじめ、2位の樊振東(ファン・ジェンドン)、3位・許シン(シュー・シン)、4位・張継科(ジャン ジーカ)、そして40位の林高遠(リン・ガオユエン)が男子シングルスにエントリーしています。

2017 Marvellous 12 Highlights 世界2位:樊振東(中国) vs 世界3位:許シン(中国)動画

馬龍(マー・ロン)選手はロンドン、リオと2大会連続のオリンピック金メダリストです。
五輪、世界選手権、ワールドカップの3大大会のシングルスを全て優勝しており、今も絶対的王者であることは間違いありません。

その馬龍(マー・ロン)選手を追うのが、同じ中国チームの樊振東(ファン・ジェンドン)選手です。リオ五輪は当時世界ランク2位にも関わらず、若さと大舞台での経験不足から代表入りとはなりませんでした。

団体の交代枠としてチームに帯同していましたが出場することはありませんでした。日本の女子シングルス平野選手と同じ立場で、二人ともその悔しさをバネにして、今躍進しているんですね。

樊振東(ファン・ジェンドン)選手はアジア選手権では丹羽選手が準決勝で敗れた韓国のチョンヨンシク選手を破り優勝しています。

中国オープン2016 男子シングルス決勝 世界2位:樊振東(中国) vs 世界1位:馬龍(中国)動画
馬龍(マー・ロン)選手が破れるとしたら、
樊振東(ファン・ジェンドン)選手ではないかと予想しています。世界ランキング1位の馬龍と2位の樊振東は男子ダブルスでペアを組んで優勝候補No.1にもなっています。

そのほか、7位の香港・黄鎮廷選手、13位の韓国・チョンヨンシク選手、10位の台湾・荘智淵などランキング上位の選手も侮れません。

アジア選手権の女子のように、中国以外の選手が優勝するような番狂わせがあれば面白くなりますね。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です